ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
キアヌ・リーブスの変人伝説


ある日、一人の僧侶が道を歩いていると通りを隔てた向こう側に小さな男の子がインターホンを押そうと必死に頑張っている姿を見た。

だが男の子の手はなかなかインターホンまで届かない。

僧侶はしばらくの間、男の子が四苦八苦している様子を眺めたのち男の子の背後へ歩み寄った。

男の子の肩にそっと手を差しのべ代わりにインターホンを押してあげた。

僧侶は男の子の目線までしゃがみ込みむと、慈愛に満ちた笑みを浮かべながらこう言った。

「さあ、これからどうするのかな、坊や」

男の子は振り返って叫んだ。








「逃げろ?!」

関連記事




管理人オススメ記事
陳建民「私の中華料理少し嘘ある」
昔、独身のころ、近所の弁当屋さんの女の子が愛嬌があってすごく丁寧な敬語で対応してくれた
韓国が必死に縦読み漫画ステマやってるのウザい
【朗報】はだしのゲンに含まれてない漫画ジャンル、存在しない

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク




★オススメリンク
コメント
  1. 小晴 2008/12/14(日) 10:51
    僧侶がピンポンダッシュに荷担…
    スクープですなw

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://cherio199.blog.fc2.com/tb.php/810-b3007d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Page Top

Back To Top