ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
美味しんぼのとんかつ屋「学生さん、とんかつを毎日食いなよ」←これ深いよな


46 :名無しさん@3周年 :2008/01/07(月) 08:08:41 ID:osRmt06i
●山形県と福島県の性文化
花嫁の身体を新郎より先に抱ける人の権利が存在。
結婚式の3日前に、仲人が花嫁を我が家に泊め、三夜共寝を行う。
●和歌山県の性文化
自分の娘が13~14歳になると、老人に頼んで奪ってもらうのが通例。
老人はこの仕事の謝礼として米と酒を桃色のふんどしを受け取る。
●石川県の性文化
娘を嫁に出す前に父親は、村の中のプレイボーイを選んで、自分の娘を試してもらう。
●大分県の性文化
毎年8月15日の夜に行われる「ボンボボ」という祭りの日に、14歳の娘はこの夜に村の長老達と性交を行う。
ボンボボに参加しない娘は、穴無しとみなされ、、一生お嫁に行けませんでした。
http://www.topworld.ne.jp/ainet21/zatu-adult2.htm
http://www2s.biglobe.ne.jp/~WOMENS/14katu/jh70.htm



関連‐【都道府県別】日本エイズマップ
    1レスで分かる鳥取県
    都道府県別あえぎ声一覧
[PR]‐世界が100人のAV女優だったら


近代日本の差別と性文化―文明開化と民衆世界
近代日本の差別と性文化―文明開化と民衆世界今西 一

雄山閣出版 1998-01
売り上げランキング : 1023870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事




管理人オススメ記事
【動画】中国のポン菓子作り、命がけすぎる
昭和のアニメも観てみると面白いの結構あるよね
【グルメ漫画】やっぱり酒飲んだあとのシメはラーメン一択だよな
海外の映画見てると日本の描写がガバガバだったりするよな

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク




★オススメリンク
コメント
  1. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 13:37
    結論:俺達においしい思いはできない

  2. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 13:40
    結論:二次元こそ至高

  3. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 13:46
    逆に考えるんだ童貞のまま長老になってもヤリマンじゃない処女で脱童貞できると考えるんだ

  4. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/02(月) 13:49
    御石神落としに似たような話があったな

  5. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 13:52
    これ怖いのか??

  6. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 13:53
    エロ漫画の世界w

  7. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 13:54
    長老になればいいんだな。

  8. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:06
    これ別に日本に限った風習じゃないしなあ。

  9. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:10
    ※5
    その女つかまされる男の気持ちになって考えてみろよ
    しかもそんな女じゃ嫌だって言っても村社会の圧力で強制結婚だろうし

    どれもネトラレ好き以外得しないだろw

  10. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:13
    初夜権はキチガイ制度だよな
    キリスト教圏にも普通にあったな
    これにブチ切れて反乱を起こす映画がブレイブハート

  11.   2010/08/02(月) 14:14
    強制貫通なんて女の子としては
    痛くて怖かっただろうに

  12.    2010/08/02(月) 14:14
    でも昔の話なんでしょ?
    今もやってたら犯罪だしね。

  13. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:15
    おっとい嫁じょが無いのは何故?

  14. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:17
    人数が少ないからこそこういう異常な価値観がまかり通るんだろうけど
    行動力ある若者がいて彼女がやばいって場合
    津山三十人殺しみたいなことになるんじゃね

  15.   2010/08/02(月) 14:20
    今の団塊はクソ扱いされてるが
    昔の年寄りの方がモラルを超えた好き勝手やってんなw

  16. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:25
    男尊女卑だなー

  17.   2010/08/02(月) 14:25
    こういうの興味あるやつは『夜這いの民俗学』よんでみ
    昔のやつらは性を謳歌してるから

  18. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:29
    何か勘違いしてる奴がいるが、当時の14歳はとっくに処女喪失してる奴がほとんどだぞ
    12歳くらいで好きな男(15~18歳くらい)を見つけてやっちゃうのがデフォの風潮だった
    結婚前に女が何人とやりまくろうがペナルティにはならない
    肝心なのは結婚後に浮気し無い事だけで、結婚前の性関係にあれこれ言う奴が情けない男扱いだった
    僅か13歳の女が好きな男とやるときに今妊娠したら困るからって、
    アナルセックスねだるエピソードがあるくらいオープンなのが昔の日本

    ちなみに男は13~15歳くらいで村の後家さんやエロいお姉ちゃんに手ほどきしてもらうのがデフォだった
    なので祝言の日には男女揃って経験済みで当たり前
    結婚直前でまっさらだと、親が心配して経験豊富な相手を宛がったくらいだ
    正直上で上げられた風習は泣きの涙の少女がエロジジイに食われたんじゃなくて、
    お互いただの健康チェックと身辺調査、プラス役得少々くらいのノリだった
    娯楽の少ない時代だったんで、
    今の人間が考えてるような悲惨な風習じゃ無かったそうだ

  19. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:40
    …と童貞様が申しておりますが

  20. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:40
    君は何でも知ってる物知り博士だな

  21.   2010/08/02(月) 14:44
    現代の乱れすさんだ社会から、性に対して高い道徳観念を持っていた日本の古き良き伝統に立ち返らねばな!(キリッ

  22. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:46
    >男尊女卑だなー

    筆おろしっていう逆パターンを指す言葉が残ってるのにそれはねぇよ
    童貞、処女のまま夫婦関係になる前に床技を年長者に伝授してもらうのが昔の性教育だったんだよ

  23. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:49
    これ、どんなブサイクな娘だろうと抱かないといけないからそこまで役得というわけでもないぞ

  24. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/02(月) 14:49
    ※19と※20の方が
    「昔の人間はちゃんと貞操を守っていた!」と言い張りたい処女厨に見える

  25. 名無しさん@こんばんは 2010/08/02(月) 14:51
    十五で姉やは嫁に行き
    『あかとんぼ』より抜粋

  26. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:51
    井上ひさしのエッセイで読んだな。

    中世ヨーロッパの初夜権は処女じゃない花嫁をかくまうための建前という側面もあったらしい。
    キリスト教は貞潔を重んじるけど実際田舎なんか娯楽ないしな。

  27. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:52
    え、どこ読んだらそう見えるの?

  28. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 14:59
    大分こんなのあったんか・・・
    知らんかった

  29. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:00
    昔は
    処女=魅力ない女
    結婚するときに処女だと失礼だと聞いた

  30. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/02(月) 15:00
    かなり昔の田舎の話だろうから、当人にとって悲惨であったかどうかは分からんよな
    これを無条件に可愛そうというのは従軍慰安婦が全て強制でひどい扱いを受けていたって決めつけるのと同じことだと思うぞ

  31. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/02(月) 15:00
    怖さがわからないのは今まで彼女を作ったことがない賢者の皆様ですねわかります

  32. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:02
    今の価値観で昔を判断することは出来ないよな

  33. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:06
    >その女つかまされる男の気持ちになって考えてみろよ
    >しかもそんな女じゃ嫌だって言っても村社会の圧力で強制結婚だろうし

    それは現代人の考え方
    その時代その場所に居た者にはそれが普通で疑問を挟む余地なんてないだろ。
    だから風習なんだよ。

  34. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:07
    長老、勃起できるのか?

  35. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:09
    処女とかはキリスト教ででてくる価値観だったはず
    キリスト教が浸透してない昔は処女とかを気にしてたのか?

  36. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:09
    最後の一生嫁にいけないってのだけは村八分的な物を感じて嫌だな

  37. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:10
    今の価値観ってのは多分にキリスト教観が入り込んでるからな
    ちょっと前まで乱交社会なのが今や処女信仰なんて笑い話にもならんわ
    離婚はダメとか確実な税収のための倫理観なのに毒されやがって

  38. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:10
    風習だからって疑問をはさむ余地がなかったかどうかなんて知りようもないがw
    「成人式も披露宴もみんな疑問を挟む余地なく参加してる」とでも思ってんのか

  39. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:10
    漫画で知ったけど本当にあるんだな

  40. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:15
    年食って、どんなブサイク相手でも勃起できる奴が長老に選ばれたりしてんじゃね?w

  41. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:18
    これって実は女にとっても良い制度なんだよね。

    その時までにどれほど乱交しまくって遊んでも「儀式で」貫通されただけでそれまでは処女を守ってたって体裁が整うわけだ。もしこれらの儀式が無かったら結婚時に肉体的に処女でない者は夫の家から激怒され離婚される恐れがあった。だから婚前の遊びをチャラにしてくれる為に女全員を強制非処女にする儀式が女からも望まれたわけだ。

    つまり糞ビッチ共が言い訳する為に本物の処女を生贄道連れにしてたって訳w

  42. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:22
    今もあるのなら摘発すべき。
    された子供が自ら訴えるだろうが

  43. 名無し隊員さん 2010/08/02(月) 15:23
    何でも知ってる物知り博士の方が、
    何にも知らないで毒付いてるだけのクズよりマシと言う流れの米欄ですね。

  44. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/02(月) 15:38
    日本の初夜権的なものは血の穢れを払うという建前もあったんじゃないの?

  45. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:39
    岡山の田舎だと、
    夜這いされた女が妊娠したら、村にいる独男を選んで結婚できるってシステムがあるんだっけ。

  46. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:39
    聞いたことある風習ばっかだな
    とりたてて騒ぐモンじゃないだろ

  47. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 15:59
    エロゲにありがちな設定だけどマジで存在したの?

  48. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/02(月) 16:01
    どんな建前を並べようとお前らが童貞なのは疑いようの無い事実なわけで

  49. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 16:02
    処女は貴重

    だからこういう制度があったのだ

  50. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 16:03
    受精なんて知らない昔の人たちから見たら、
    妊娠出産なんて不可思議すぎて怖いだろ
    女の穴は何か不思議な力が宿ってるだの怖いだの思われてたんだよ
    それをどうにか気持ちの整理をつけるために、
    慣れてる男に一発やらせとくってだけ

  51. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/02(月) 16:17
    現在の処女信仰みたいなのは
    キリスト教からきてる
    だから大昔にはなかった

  52. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 16:26
    俺の書き込みが転載されたw
    記念カキコ

  53. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 16:39
    病気は無いのかよ

  54. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 17:18

  55.   .    2010/08/02(月) 18:14
    ・精液に血が混ざると奇形が生まれると言われていた
    ・性器が奇形で性交&出産がうまく出来ない事がある為、非童貞が正常か確かめる必要があった

    と聞いた事がある。

  56. 名も無き修羅 2010/08/02(月) 20:45
    >つまり糞ビッチ共が言い訳する為に本物の処女を生贄道連れにしてたって訳w

    ここだけは言わせてくれ
    処女を道連れにしたんじゃない
    これは処女の救済制度と言うか、名誉を守る側面もあった
    夜這いがフリーな時代に適齢期まで処女の女は、今の喪女どころじゃ無い
    終りきったドブスだとか、体かメンタルのどちらかに難のある女とか、
    正常な恋愛もセックスも出来ない障害者みたいな扱いなわけだ
    (当時は純潔信仰なんて全く無いんで、夜這いOKの庶民レベルで処女童貞を守る意味も概念も無かった)
    だから処女で床入りなんて誰にも相手にされない終りきったブスと見られて、生涯馬鹿にされても当然だった
    それをこの制度のお陰で心身ともに健康な普通の女で、
    結婚するのに何の差し支えも無いと証明してもらえたわけだ
    だから明治政府によってこの制度が禁止されたとき、
    大反対したのは当の女達だったそうだ
    今とは性への意識が異世界並みに違うんだよ

  57. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/02(月) 22:55
    淫風なんて言葉があるからな

  58. 創造力有る名無しさん 2010/08/02(月) 23:56
    大半がエロ庄屋とかスケベ大名が決めた制度だろ
    お前らも村の長ならそうするだろ?

  59. 名も無き修羅 2010/08/03(火) 00:27
    昔々の長老だから、せいぜい40代後半とかじゃない?

    というか、10代以外の処女って価値あるのかねぇ?実際。

  60. 名も無き修羅 2010/08/03(火) 01:07
    一部だけ、現代だってもし文献が週刊誌しか残らなかったら
    女子高生は全員、売春をし人妻は必ず不倫する
    そんな世界なってしまうからね
    実際おおらかだったのは衆道のほうだよ
    避妊具も避妊法も無く結婚出来るのは、長男だけだったから

  61. 名も無き修羅 2010/08/03(火) 06:53
    >実際おおらかだったのは衆道のほう

    戦国時代じゃ女とイチャつくのさえ女々しいって武将がいたしな。
    戦死の恐怖でヒステリックだったせいもあるけど

  62. 名も無き修羅 2010/08/03(火) 11:57
    俺の故郷、未だに夜這いの習慣あるぞ。
    この前帰省の連絡入れたら、電話口の向こうからババァ共の黄色い悲鳴が上がったからな。すまん、俺は都会に出て二次元ロリに成り下がったのだ。

  63. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/03(火) 13:08

    どこだか今すぐ教えろ
    早くしろ!!!

  64. 名も無き修羅 2010/08/03(火) 15:50
    どいつもこいつも過去の話を見てきたようにw

  65. 名無しさん 2010/08/03(火) 21:52
    初夜権については、金を払えば免除されるなどして、実質的に税をとる言い訳に過ぎなかったという説もあった気がする。
    ソースは忘れたが。

  66. 名も無き修羅 2010/08/03(火) 22:26
    当時の女たちが風習に取り込まれていたからって「男尊女卑じゃない!」とか必死に言い訳する奴はなんなんだろう。
    自分がやったことって訳でもないのに。

  67. 名も無き修羅 2010/08/04(水) 00:01
    石川だけど知らんかったわ

  68. 名も無き修羅 2010/08/04(水) 17:38
    力のあったエロい先祖が、自分の好きなように勝手に決めただけ
    そして、それが習慣だと押さえつけて無理やり正当化、力がなくなっても仕方ないじゃないかと、楽しみながらも自分の責任を逃れようとする無責任男たち

  69. 名も無き修羅 2010/08/05(木) 17:05
    つか、昔は母系の通い婚が普通だったし
    娘が年頃になったら戸口に近いところに寝かせたり専用の小屋に寝かせて夜ばいさせやすくしたりしてたし
    拒否権は女にあったし
    子供は父親あまり関係なく村で育てたし
    今とは常識も文化も違うのに
    今の常識と文化で計るのって馬鹿馬鹿しい
    男が家長の制度ってのは明治政府が武士の制度をそのまま民法にしちゃったからで、
    江戸時代でも農民は母系だったよ

  70. 名も無き修羅 2010/08/06(金) 00:27
    ↑もしかして京極夏彦読んだ?

  71. 名も無き修羅 2010/08/06(金) 07:59
    うちの曾婆さんは9歳で嫁いだそうな。

    ロリなのは血筋かと思った…がまぁ普通の事だそうな

  72. 名も無き修羅 2010/08/06(金) 10:29
    おまえらそんな事ばかり詳しくなって・・・

  73. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/06(金) 13:53
    き も い w

  74. 名も無き修羅 2010/08/06(金) 15:33
    源氏物語とか読んだら「貞操」ってのは後世の製品だとわかる

    寿命とか、男女比率とか現代と異なる大きな要因があるんだから同じ思考は通用しないわな

  75.   2010/08/06(金) 21:58
    山岸凉子の『負の暗示』が面白かったなぁ
    これで夜這い制度のことを知った
    戦前はまだあぁだったのかねー

  76. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/07(土) 11:12
    ヨーロッパの初夜権は
    結婚の際に領主が税を取るのを
    曲解したものと聞いたことがある

  77. 名も無き修羅 2010/08/07(土) 11:19
    九州の方で娘が結婚して妊娠すると
    妊娠期間中は娘の母親が婿の相手をするって聞いた事あるんだけど

  78. 名も無き修羅 2010/08/07(土) 15:30
    初夜権って、普通に結婚税みたいなもんで、税金にあたるものを納めて終わるのがむしろ普通。

  79. 名も無き修羅 2010/08/07(土) 18:01
    なんでこんな意味わからん儀礼がうまれたんだろうな

  80. 名も無き修羅 2010/08/07(土) 18:31
    初夜権って南の島の○人限定の風習かと思ってた。

    >『夜這いの民俗学』
    司馬遼太郎の「新撰組血風録」の冒頭には、
    近藤勇が地元の夜這い祭りに参加する下りがある(w。

  81. 名も無き修羅 2010/08/08(日) 17:17
    ラブピースクラブ代表ってなんだよ!www
    「女性とセクシュアリティ」とか題打ってるのもお含めてラディカルフェミニズム近辺臭いんだがwww

  82. 総力上げる名無しさん 2010/08/09(月) 20:53
    日本ではないがどっかの風習で「処女膜を親や成人女性に道具で破ってもらう」ってのがある
    それは結婚する男性に「相手に血を流させてしまった」というトラウマを植え付けさせないためのもの、とフロイトは分析していた……はず。授業のうろ覚えだけど

  83. 名も無き修羅 2010/08/13(金) 00:18
    ゴリラみたいな女でも長老は寝たのだろうか?

  84.   2010/08/15(日) 14:13
    なんか昔の掟は本当に自分のために作った感丸出しだな

  85. 名も無き修羅 2010/08/15(日) 16:41
    現代とは全く違う時代だし、同じように考えるのがまずいのでは・・・?
    婚前の健康チェック等が理由というコメに信憑性アリかな・・・

  86. 名も無き修羅 2010/08/16(月) 00:41
    このエロゲどこで売ってるの

  87. 名も無き修羅 2010/08/16(月) 02:09
    今の感覚ではそう思うが当時はそれが当たり前だったから、表の部分だけを拾って「怖い」なんていうのはすこしズレてるな

  88.    2010/08/18(水) 01:50
    喪男1「村社会はこれだから困る」
    喪男2「異常な価値観だよ」
    喪男3「男尊女卑だ」
    喪男4「俺達はおいしい思いはできない」

    女「じゃあ14歳までに済ませちゃえばいいじゃん」

  89.    2010/08/18(水) 11:13
    こういうのを本当の変態って言うんだよ。
    ほとんどの人間がHENTAIという言葉の本当の意味を理解してない。

  90. 名無しのお兄ちゃん 2010/08/20(金) 10:23
    本当に怖いのは人間の倫理観ってたかだか100年や200年で
    こうも変わってしまうこと

    昔は公衆浴場だって男女裸の混浴が普通だったのに
    西洋と接触してから彼らに合わせて禁止した

  91. 名も無き修羅 2010/08/21(土) 00:47
    >ラブピースクラブ代表北原みのり

    ググるとかなりのフェミニスト婆らしいけど…ww
    てか一つめのリンク先読めば怖いとか日本がどうのって取り上げ方は不自然だね

    >初夜権の風習はマルコポーロの旅行記にも出てくるほど世界各地にみられます。
    >なぜこんな風習があったのかというと、昔から処女の血は不吉だと考えられていたところにその理由があります。
    >精液が処女の血と混じると、生まれてくる子供が早死ににたり、子孫に危険を及ぼすと信じられていました。

  92. 名も無き修羅 2010/08/22(日) 01:05
    近世に日本人に植えつけられたモラル観からしたらトンデモに感じるけど、子孫繁栄の一点に絞って見たら納得出来ると思うのだが。
    かくいうオイラはこんな風習は感覚的に受け入れられないけど。でもアフリカとかの一部の地域は今でもこんな感じで回ってるんだろうなぁ。

  93. 名も無き修羅 2010/08/23(月) 10:55
    静岡の伊豆の下田にはペリーが来航した記録がいっぱいあって、風呂屋が全部、混浴でそれを止めさせたと書いてあったくらいオープンな関係だったみたいだね昔の日本は、ちなみに混浴のイラストまであったよ。

  94. 名も無き修羅 2010/08/23(月) 13:55
    昔の日本は混浴が普通だろ
    明治政府が混浴禁止令だすまでは

  95. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/23(月) 23:42
    拷問だなこりゃ

  96. 名も無き修羅 2010/08/26(木) 00:50
    エロになると伸びる米欄

  97. 今日も名無しさん 2010/08/26(木) 10:08
    女の処女奪う風習ばっかコピペでよくあるけど、
    同じく男だって童貞を楽に捨てられる風習だってあったこともコピペせんと。
    今の恋愛自由主義になるまえは
    意外と楽に童貞処女を捨てられてたから
    童貞処女にこだわりはあまりなかったんだよね。

  98. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/26(木) 19:13
    マジレスすると、この手の、
    「『結婚予定の女の処女を仲人or村長が奪う権利』は
    婚約者が買い取るもの」
    って不文律がある場合もあるから
    皆が皆本当に奪われてた訳じゃないと思うぞ
    で、当然
    『そんな金も出せない婚約者なんてwww&出される価値のない女ってwww』
    的な周りの目もあるだろうから
    そういう所だと
    本当ーに女=処女かは置いといて
    大抵の男は、儀礼上そいつらに
    金品を出してたろうね

  99. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/08/30(月) 22:56
    とりあえず汚いジジィが処女を頂くっていう話はイラっとするね。

  100. のぶ 2010/08/31(火) 01:18
    2chのレスを鵜呑みにして事実として扱う情報弱者がこんなにもいることが怖い

  101. 名も無き修羅 2010/08/31(火) 05:58
    韓国の試し腹と同じ?

  102. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2010/09/10(金) 10:53
    そんな社会に病気が入ったら一気に蔓延だな

  103. 名も無き修羅 2011/08/16(火) 16:24
    この地で女を産むべからず一覧か
    ばあちゃんの出身地が入ってるんだが

  104. 名も無き修羅 2011/09/06(火) 09:24
    こういう話聞くだけで胸糞悪くなるんだよな。
    まぁ、昔のことだし、現在まで続いてるものがあったとして女性に選択権があるから全く問題ないんだろうけど。
    女性に選択権があるそれってもはやただの乱交パーティでしょ。

  105. 名も無き修羅 2021/03/24(水) 15:39
    >『夜這いの民俗学』
    >司馬遼太郎の「新撰組血風録」の冒頭には、
    >近藤勇が地元の夜這い祭りに参加する下りがある(w。

    残念。
    『燃えよ剣』で土方歳三な。

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Page Top

Back To Top