ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
キアヌ・リーブスの変人伝説


武士が持ってた短い方の刀「脇差」の役割www
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1706408232/


1 :名無し:24/01/28(日) 11:17:12 ID:68ZE




3:名無し:24/01/28(日) 11:19:03 ID:oqHG1
自害のときに使うってのは耳にしたことがある


11:名無し:24/01/28(日) 11:21:10 ID:68ZE1
日本刀って奥深い
これは異世界人には理解できない



15:名無し:24/01/28(日) 11:21:59 ID:oqHG1
異世界ものかよ
タイトルは?



19:名無し:24/01/28(日) 11:22:26 ID:68ZE2
>>15
月が導く異世界道中



23:名無し:24/01/28(日) 11:23:40 ID:oqHG2
>>19
サンクス
今アニメ放送中のやつなんやな







34:名無し:24/01/28(日) 11:30:14 ID:99fY6
脇差って狭い室内用やろ


36:名無し:24/01/28(日) 11:30:43 ID:aykU6
室内で刀で戦うのなんて幕末からだからそれも後付けだよな


42:名無し:24/01/28(日) 11:33:19 ID:aa421
>>36
戦国時代でも場内で戦うこともあるやろしそんな事ないやろ



45:名無し:24/01/28(日) 11:33:46 ID:YqwG9
脇の下に入るくらいのサイズの刀というのが本来の意味みたいやな


51:名無し:24/01/28(日) 11:35:50 ID:68ZE10
作法として打刀や太刀は屋内に入る際に腰から抜いて刀掛けに置くか
中間などに預けるが、脇差はそのまま腰に差すこととなっていた。
なので必然的に屋内での戦闘に際しては脇差を使うことになる。



55:名無し:24/01/28(日) 11:37:52 ID:aykU3
>>51
あの有名な“黒田官兵衛「お前さあ家康と握手したらしいけど」長政「うん」官兵衛「アホかあいてる左手使って脇差で刺せや!!」”の逸話を思い出した



62:名無し:24/01/28(日) 11:40:35 ID:alz11
>>51
やっぱり主役が使えない時の武器やんけ



68:名無し:24/01/28(日) 11:43:10 ID:68ZE1
>>62
Wikipediaの一行目に「脇差は、主兵装(本差)が破損などにより使えない時に使用される予備の武器を指す。」って書いてあるわ


脇差 - Wikipedia


65:名無し:24/01/28(日) 11:41:37 ID:3HAO6
脇差よりももっと小さい刀とか装備してる人はいなかったんかな
卑怯とかいわれたのかな



67:名無し:24/01/28(日) 11:42:30 ID:YqwG6
>>65
懐刀っていうのがある
長さは包丁くらい



112:名無し:24/01/28(日) 12:21:28 ID:5Pup4
時代劇でも中村主水は脇差を有効活用してたな


116:名無し:24/01/28(日) 12:23:28 ID:W8rr11
相手の脇差すっと抜いてそのままブスッといくみたいなシーン好き
なんの時代劇やったかは忘れた



14:名無し:24/01/28(日) 11:21:41 ID:C7vp2
そもそも戦国時代の主な武器って槍で
脇差は槍で突いた敵の首切り取るためのモノやしな



18:名無し:24/01/28(日) 11:22:22 ID:HZdT2
合戦みたいな状況は基本リーチ武器最強って聞いたな
弓>槍>薙刀>刀らしいわね



75:名無し:24/01/28(日) 11:46:35 ID:8Xzv8
騎馬同士で組んで鎧の隙間から首刺す時に普通に使ってた
合戦図屏風になんぼでも描かれてる



128:名無し:24/01/28(日) 12:30:25 ID:Mp6U6
打刀も最初は太刀より持ち運びやすくて普段使いも出来る刃物として、脇差サイズから始まったんではなかったかな?


221:名無し:24/01/28(日) 13:31:10 ID:oqHG1
戦場でも組打ちになったら脇差が活きるな
揉み合いになっても脇差で相手のみぞおちを抉れる



218:名無し:24/01/28(日) 13:28:31 ID:oqHG9
日本刀ってすごいよな
あの構造見るだけで驚愕する



219:名無し:24/01/28(日) 13:29:01 ID:68ZE17
>>218
素材を打って伸ばして折りたたんでまた打って伸ばして折りたたんで…を何回も繰り返すの狂気



220:名無し:24/01/28(日) 13:29:11 ID:yNVE5
鉄が貴重故の試行錯誤すこ


224:名無し:24/01/28(日) 13:36:06 ID:oqHG
刀工が刀作る動画見るの好き
一本一本にとんでもない技術が吹き込まれてる





関連‐日本刀・各時代の特徴【画像】 ←オススメ
   二刀流の実戦での使用に懐疑的な人は多い
   「日本刀は3人斬ると駄目になる」説について
   「牙突」なんて技本当に使ってたんだろうか・・・?


月が導く異世界道中1 (アルファポリスCOMICS)
木野コトラ(著), あずみ圭(著)
2016-02-24T00:00:00.000Z
5つ星のうち4.7
関連記事
管理人オススメ記事
陳建民「私の中華料理少し嘘ある」
昔、独身のころ、近所の弁当屋さんの女の子が愛嬌があってすごく丁寧な敬語で対応してくれた
韓国が必死に縦読み漫画ステマやってるのウザい
【朗報】はだしのゲンに含まれてない漫画ジャンル、存在しない

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク




★オススメリンク
コメント
  1. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 17:18
    人類史に置いてこんな野蛮な時代がほとんどだと思うと恐ろしいわ
    臆病な自分も一応生き抜いた末裔ではあるわけだけど
    近頃は物騒だなんて口が裂けても言えない

  2. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 17:27
    脇の下に挟んで持ち歩くから脇差って名前にになったんじゃないですか?

  3. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 17:39
    室内とかの普通でない状況で使うのなら、サブウェポンであっているのでは?
    室内戦とかのほうが圧倒的に多いとかでもない限り

  4.   2024/01/28(日) 17:57
    ※2
    よう、半島人

  5. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 18:18
    なんか会話になってるようでしっかり読むと会話の意味が繋がってない台詞だな

  6. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 18:54
    サブウェポンではあるだろ
    なんかいまいち意味の通らない会話してる漫画だな
    大刀と違って肌身離さず持ち歩くものだからちゃんと選びなさいって意味なんだろうけど

  7. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 19:06
    なんか読んでてイライラしてくる漫画だな

  8. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 19:08
    ちなみに幕末の大刀は室内戦を想定して短めが好まれたってよ

  9. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 19:08
    この作品って作画家にすっげー恵まれているよね。めっちゃ、漫画が上手い。
    小説だけだと・・・・。

  10. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 19:17
    現代でもライフルとピストル装備するし。スマホ2台持ちとかもざらだし。

  11. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 19:28
    二本差し自体いつから始まったの?

  12. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 19:36
    脇差は帯に佩くが、刀は必ずしも帯に通すわけでもない。両方差したら鞘の漆が剝げるでしょうに。
    そういう流派もある、くらいに持っておいた方が良い。

  13. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:00
    そうか。てなもんや三度笠の歌詞で「おいら旅人、一本刀」というのは、「武士ではなく渡世人」の意味だったのか。

  14. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:17
    現代で言えば「おれは出勤用と家族用にファミリーカー。嫁は送り迎えとかパートあるからコンパクトカー。2台くらいは持ってるよ」という感じと同じ。別に1本差しでもいい。上司から「買えば?」って言われるだけ。

  15. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:17
    ※8
    それは違う
    勤王刀といって刃渡りが長大で反りが浅い突きメインの刀も大流行した
    というのも実戦では突きが有利なので突きの性能を重視した長くて真っ直ぐな刀を求める武士が多かったから
    室内戦では脇差を使ったとされる

  16. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:20
    合戦で取っ組み合いになった時に柔術で引き倒して
    脇差で刺すってのは見た事ある

  17. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:20
    ※13
    江戸時代は武士以外は大刀の所持を禁止されてたので渡世人は通常より長い脇差を自衛用に持っていたとされてるね
    この長い脇差がヤクザの長ドスの起源という説もある

  18. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:21
    真田広之さんの映画で小刀使いの作品あったな。たそがれしんべえだったかな。

  19. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:24
    ※16
    戦国時代は太刀自体も小型化してたからね
    というのも戦国時代は弓や槍が主武装で太刀はサブウェポンだから大きな弓や槍を持ちつつさらに大きな太刀を持ち運ぶのは不便だったので太刀は小さく細く軽くなった
    加えて小さくて細い太刀は甲冑の隙間に突き刺すのに便利だったという利点もある
    また、戦国時代は合戦が大人数化して兵士全員が甲冑を装備することがコスト的に無理になったので甲冑を着てない相手には細身の太刀でも十分致命傷を与えられた

  20. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:29
    ちなみに槍や薙刀は意外と折れやすいので合戦でも刀が使われることは割とあったという
    実際に現代にも残ってる古流槍術や古流薙刀術の流派の人が本物の槍や薙刀で試し切り(もちろん豚とか巻き藁とかだが)をしたところ、茎のすぐ下で折れやすいことが分かった

  21. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:33
    >>8
    ウソだとは言わないけど主流じゃないと思うよ
    屋内戦でもリーチの長さはアドバンテージになるから長い刀で突きを多用する例が多かったし
    そのために柄が長くて、長く持つことも短く持つこともできる刀が現れた
    時代劇じゃ見ないけど、4尺ぐらいの手槍も屋内戦で使われた

  22. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:35
    結局漫画の主張はスレ民の総意により却下
    ってことでいいのかな?

  23. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:48
    まんまライフルとサブアーム。
    その代わり身分証でもあり儀式用の道具でもあるよ。
    使わずに自害すると会社が批判されて死後の名誉は無くなるよって代物だから確かに戦闘オンリーの打刀とは大事さが発揮される場面が違うわな。
    打刀はスーツやら腕時計で脇差しは万年筆か?辞表書くから。

  24. 2024/01/28(日) 20:49
    水戸黄門の番組で助さん格さんが使っていたのが、長脇差で道中で身を守る為の実戦用です。
    普通の脇差は敵の武将の首を落とすのに解体用として用いた。又自軍の将の切腹後の後処理としても用いた。因みに水戸黄門の話は全てフィクションです。
    水戸光圀は水戸中納言であって副将軍ではありません。江戸幕府に副将軍という要職は無いです!

  25. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:50
    るろうに剣心で永倉新八が刀二本持った姿で登場して、てっきり斎藤一の折れた刀の代わりだと思い込んじゃった人がいて、俺は普通に1本は脇差だと思って(実際、後の戦闘で脇差だと明示された)そう言ったら、「脇差なんて聞いたことない!バカにするな!」とか咬みつかれたことがある

    最近はあまりテレビで時代劇やらないから認知度低いのかな

  26. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:54
    実戦で使う脇差は50~60cm位で刀身の重量は500g~700g位で、実際に打刀と大差無い
    短刀や鎧通しと混同されるけど、そういう近接格闘戦で使うつうより、文字通り予備の刀に過ぎんよ
    ちな打刀からして、江戸幕府の2尺3寸(約70cm)つう定寸規定で大半の刀は磨り上げられて短縮軽量化された訳やが、実際の戦国時代に使われてた刀はそれより10~20cmほど長くて重量も3割ほど重い
    これは幕末維新の動乱でも刀はデカイ方が良いと、3尺前後位の刀が実戦刀として流行ってるからな
    あんまり軽過ぎると重量の有る槍や大刀の攻撃を受けきれずに刀身ごと巻き込まれて持っていかれるから、刀身重量が無いと防御すら出来ないから
    ちな剣術家としては、脇差は緊急の防御的な盾として使って隙を見て投げつけてダッシュで逃げる間を稼ぐものとしてしか使うなと言うよ

  27. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:56
    博物館で日本刀が展示されていて刃が上向き・下向きの違いに疑問を持つ人に説明くらいできないと

  28. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 20:56
    >>18
    たそがれ清兵衛やね
    小刀というか小太刀(こだち)の使い手の設定。小太刀は刃長55~60cmくらいの刀
    銃砲刀取締法の分類上は「脇差」、脇差でも長い方なので大脇差ともいう。
    因みに刃長60cm以上だと銃砲刀取締法上「刀」に分類されるのは現代も昔も同じ。

  29. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 21:03
    へー、知らんかった
    次自害するときは気を付けてみるわ

  30. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 21:04
    成仏してぇー!

  31. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 21:05
    切腹は白い布に置かれた懐刀のイメージだったわ

  32. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 21:06
    なんか文字の量多いな

  33. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 21:07
    自害する時に使うための脇差しじゃなく自害する時に長くなく都合がいいから使われてる脇差し。戦でも抜きやすい脇差しを使うことは普通にあったはず

  34. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 21:08
    ライフルと拳銃持ってたら拳銃で自害するわな

  35. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 21:14
    ※26
    戦国時代には意外と刃渡り50~60cmくらいかつ細身軽量の太刀もけっこう使われてたりする
    これは持ち運びに便利かつ甲冑の隙間に突き刺すのに便利だったから
    もちろん重たい大型の太刀も使われてたけど

  36. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 21:17
    サブウェポンだったとしても疎かに扱っていい理由にはならん

  37.   2024/01/28(日) 21:22
    素人考えだけど、太刀より圧倒的に脇差のほうが扱いやすそうには見える
    映画、たそがれせいべえでの活躍も印象的

  38. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 21:22
    多分、元々は平安の頃とかに使われていた「鎧どおし」なんかが元になったんじゃないかと思う
    太刀から刀に代わる頃の話
    相手を接近戦で押し倒し、鎧どおしでもって鎧の隙間や、鎧ごと突き刺してトドメを刺す刺〇武器
    戦場において咄嗟に引き抜けるように腰帯の当たりに付けていた人が多かったかも

    それが武家諸法度とか江戸のサムライ魂とか、そういう矜持やプライド、身分制度のルールなんかで鎧どおしが小刀や小太刀、脇差なんかに代わっても、二本差すこと自体に変わりは無かったんじゃないかと
    脇差は切腹の際に用いるとかも、打ち刀だと長いし、提供された刃物で自分の腹を切るのも面目ないと、自前の脇差使うようになっただけとも思える
    江戸の頃には切腹って、腹に刃が当たった瞬間には介錯されてたし

    実践においては戦うためなら四の五の言ってられないし、作法だなんだと言ったのは、大概は太平の江戸に広まったアレコレだしな

  39. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 21:44
    漫画でやっている議論はともかく、これどういう状況なんだ?
    異世界で主人公が刀を現地人に作ってあげた、みたいな?
    でも時代劇で見たって言うとるし…?

  40. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 22:17
    ※39
    説明が難しいので詳細は省くが、女の方は実は人間じゃなくて、しかもその特異能力で主人公、このページの男の方の記憶を覗いたん
    そしたっけ、主人公が好きだった時代劇を見て降伏。人間の姿になってもっと時代劇見せてって下僕になる

    そのあと時間空いて、その時代劇に出てきたものを女の方がいろいろ再現してる中、とある人物に会い、その珍しい武器見せてくれっていうから、脇差の方が重要じゃないだろ、って見せてしまう
    その後、見せて汚れたからって手入れしてる時に主人公に見つかり、なんで脇差だけ見せることになったの?と言われて説明したら、脇差の意味を説明された。という場面

  41. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 22:37
    まあ、何が得意かでメインが変わるさ

  42. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 22:46
    脇差といえば、柳生連也斎の柳生鬼包丁
    脇差にこだわり抜いた連也斎が選び抜いて手にした逸品
    寝室で寝巻きに脇差だけの時、14人の刺客に襲われたが、脇差で9人を斬り伏せ撃退したと言う逸話が

  43. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 22:51
    やっぱ金ある人は三本持ちだったのかな

  44. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 23:04
    戦国期とかに何かのお礼に差してる脇差を与えるみたいな話も割と聞くし武器としての役割以外にも脇差にはそれなりの意味があったんじゃないのかな

  45. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 23:09
    これ、面白くなったの?
    悪い意味でなろう系テンプレっていうか
    陽キャリア充(タダの犯罪者)とかギャル神がやらかして爺様神様が土下座とかの最序盤で既にキツかったし、元の世界で実は主人公の事好きだった女の子が!とかやってる辺りでリタイアしたけど

  46. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 23:16
    太刀より脇差のほうが尊重されるとか
    別にそんなこたぁないわな

  47. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 23:31
    ※4
    シーッ
    脇に side の意味もあるなんて漢字を捨てたから分かんないんですよ

  48. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 23:34
    ※18
    あったね。「たそがれ清兵衛」だね。
    室内で斬りあいになって振りかぶった相手の太刀が柱に刺さって
    抜けなくて、その隙に脇差で斬ってた。
    でもあのお侍さん、貧乏で太刀を売ってしまって竹光だったのよ。
    脇差しか持っていないの。

  49. 名も無き修羅 2024/01/28(日) 23:36
    脇差の起源は韓国、その証拠に脇に挟んだ写真も有る間違いないニダ

  50. 名無しさん 2024/01/28(日) 23:50
    討ち取った武将の首切り用にも使ってただろ。

  51. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 00:42
    米40
    説明サンクス
    なるほどね

  52. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 00:55
    中村主水は色んな流派の達人て設定で斬り合っても当然強いが殆どの頃氏は脇差抜いてぶっすりなことが多かったイメージだな
    現実出来るかどうかは知らんが主水の刀は茎を相手が刺せる様に改造してたのが印象的だった

  53. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 01:02
    小太刀とかもあるしかなり種類あるよね

  54. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 03:48
    打刀、脇差ってサブウェポンの割には、
    槍とかと比べると鉄の量は多いしで値段は高くて費用対効果悪い・・・みたいな感じにはならなかったのかな?


  55. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 03:52
    勝負の最後はドラマのような感じではなく、取っ組み合いになって脇差でトドメを刺す、というのが一般的

  56. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 06:26
    戦場での首斬り用だから、戦場でも着けてるんだよ

  57. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 07:57
    >54
    上の方で書いている人がいるけど、槍などの長柄武器は耐久性に欠ける(頑丈にすると重くなる)。

    そのため「費用対効果が良い」金属製刀剣が洋の東西を問わず戦士階級の主武装となった。

    もちろん下っ端の武器は石とか棒だけどな。

  58. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 08:21
    月道中がここでネタにされるとは思ってもみなかった

  59. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 09:27
    >>47
    馬鹿みたい
    お前ら常にマウント取れる隙探してんだろうな

  60. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 09:57
    タイムリープできたら両班に誰か教えてやって

  61. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 10:04
    近代戦でも銃よりナイフの方が強い場面ってあるからな
    いつも適切な距離で戦えるわけじゃない

  62. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 10:36
    切腹用だよ
    これマジ
    殿中で帯刀禁止なのに脇差はOKだったのはコレが理由
    失態を犯しその罪を自ら認め切腹する為
    切腹せんで逃げたらお家断絶の処分

  63. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 11:16
    ※45
    中盤まではたしかに悪い意味の俺ツエーなろう系テンプレだが中盤すぎると突き抜けて別物になった
    主人公の強さだけが神レベルにとびぬけてるが精神性がいい意味でも悪い意味でも未熟な変わり者の舞台装置化していかに主人公を自分の陣営に取り込むかの群像劇になってる

  64. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 12:04
    普通にサブウェポンだけど…
    戦車とかだって主砲の出番はあまり無い訳で

  65. 774@本舗 2024/01/29(月) 12:33
    >>45
    web版は本人だけインフレが明確化して、そのまま神様になりそうな感じで止まってるな

  66. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 12:51
    主水も鍔迫り合いになっちゃったときに脇差でとどめ差してたな

  67. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 15:13
    >>478505
    >>478518
    ありがとう
    よく中盤まで読めたな、苦行こなしてまで面白いとこまで読もうとは思えんが、アニメ化って聞いて正気を疑ったりしてたからちょっと腑に落ちたわ

  68. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 16:03
    なんか、ちょっとオーバーロードみたいな評価だな…

  69. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 16:40
    〜のときに使うなんてのは一例を示してるだけで
    使いたいときに使うのが本質だろうが
    しかしなろう臭い漫画だな

  70. ビチグソくん 2024/01/29(月) 18:52
    腹部への攻撃を防いだり接近戦に使ったりマルチに使えるアイテムやで

  71. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 18:57
    なんかゴチャゴチャして読みにくそうな漫画だなあ
    もうちょい余白を増やしてくれ

  72. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 19:02
    切腹ってそんな頻繁にする事なの?
    時代劇に毒されてるのは主の方だと思うぞ

  73. 名も無き修羅 2024/01/29(月) 19:54
    ※67
    実際最序盤が一番つまらないからしゃーない
    ただの量産型俺ツエーなろう系で主人公ワッショイしてるだけだしな
    それが中盤になるとその主人公ワッショイしてる味方にも温度差があるのがわかってきて宗教対立みたいになって面白くなる
    既存のなろう系によくあったあきらかに飛びぬけた化け物主人公にほぼ無策で挑んでいく敵勢力アホじゃねのアンチテーゼぽくなってくる

  74. 名も無き修羅 2024/01/30(火) 23:58
    居合の古流でも組太刀で脇差使うし自害専用では無いわな

  75. 名も無き修羅 2024/02/02(金) 11:26
    サブウエポンの下りは原作者がゴメンしてるから許してやれよ。
    自害云々の方がキャラに伝えたかった事だとさ。

  76. 名も無き修羅 2024/02/05(月) 19:04
    アニメの声優が妙に豪華だよね

  77. 名も無き修羅 2024/02/11(日) 17:49
    槍万能説はやめろ
    槍は穂先だけ金属だから安く作れて戦場で多く使われていたが、別に槍が最強で剣がいらん訳ではない。総合的に見ても槍は強いしコスパが最強。でも槍は折れる可能性が結構高いし持ち運びも大変だから護身性能としては刀の方が全然高かった。近距離になった時用にも武器は必要だから刀も持っておく必要があった。

  78. 憂国の名無士 2024/02/21(水) 03:57
    剣の流派で40センチくらいの短いのを専門にしてたのがあったね。

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Page Top

Back To Top