ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
美味しんぼのとんかつ屋「学生さん、とんかつを毎日食いなよ」←これ深いよな


チラシの裏@同人板891枚目
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/doujin/1451807525/


212 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2016/01/04(月) 12:25:10.35 ID:W4rW8SnF.net
「手軽に」コミュニケーションできているよう錯覚してしまうのがSNSなんだって思う

父が営業用に持ってた携帯電話の前身を思い出す
あれすっごい重かったわ子機サイズでも画期的だったな…固定電話じゃないのに電話できる!ってなった

カレカノ久しぶりに見て映画デートの回に無性に感動した
スマホもない時代で公衆電話が近くにあればラッキーで待ち合わせの約束をして別れたら相手が来るのを信じて待つだけの間のドキドキ
固定電話だから相手の家に電話をしたとき目当ての人が受話器を取ってくれないかなあっていうドキドキ
耳をすませばもそうだけど懐かしいわあ…ギリピッチ前の漫画だっけ?ポケベル?
今からすると当時の不便な生活に戻りたいとは思わないけど
でも今にはないいろんな大事なものを昔に置いてきちゃったのかもなあ




関連‐【耳をすませば】聖蹟桜ヶ丘の思い出
    【BOOWY】何で再結成を拒むのか 布袋が氷室にやらかしたこと一覧
    華原朋美まとめ(全てソース有り)
    都道府県ごとにアニメ聖地を当てはめた日本地図 ←オススメ


関連記事




管理人オススメ記事
【動画】中国のポン菓子作り、命がけすぎる
昭和のアニメも観てみると面白いの結構あるよね
【グルメ漫画】やっぱり酒飲んだあとのシメはラーメン一択だよな
海外の映画見てると日本の描写がガバガバだったりするよな

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク




★オススメリンク
コメント
  1. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 08:17
    スマホ、ケータイはおろか固定電話が普及しきっていない時代もあったし、交通網が未発達な時代は上京するのも今よりずっと大事だった
    コミュニケーションのコストが安くなっていく事態というのはケータイが出来てからというわけではないのだから、そういうものと思うしかないんじゃないの

  2. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 08:44
    いきなり個人から個人にタイムラグなしにつながるということは今まであまりなかったんだよね
    人と人との間で何がしかの感情や情報をやり取りする前に時間をとって検討したり熟成させるなんて無駄だしそんな面倒なことをするのはいやだという風潮

  3. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 08:47
    ただの懐古主義

  4. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 08:50
    ばっさり切り捨てよう思ったら
    236688がやってくれてた

  5. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 09:23
    本当ただの懐古厨。
    当時ただただ不便なだけだったよ。

  6. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 09:51
    電信が実用化された頃の時代には憧れないんだろうな

  7. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 09:53
    見事なまでの懐古だな。

  8. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 11:30
    たしかに「便利」と引き換えに絆が細くなったとは思うけど、今更、後戻りできないことをあれこれ残念がってもしょうがない。

  9. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 11:58
    絆がほしいなら田舎行けばいいんじゃない
    繋がりを強制させられるからな

  10. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 12:40
    良い面しか思い出せないのはイッテる
    不便を解消したいから先人が努力して今がある

  11. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 13:35
    コミュ障のひがみだな
    連絡手段が少ないからうまくできないんだ、って言い訳が使えなくなって不満なんだろう

  12. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 14:07
    携帯電話が初めて手に入っていつでもどこでも好きなだけ喋れるようになった喜びも思い出してやれよ
    当時不便で苦労してイライラした思い出しか美化されないのはよくあることだけどよ
    端から見ると笑えるぞ?お前

  13. 名も無き修羅 2016/11/01(火) 18:17
    進化に退化は付き物。
    そう言う事。

  14. 名も無き修羅 2016/11/02(水) 00:44
    懐古主義者は漏れなく死ね

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Page Top

Back To Top